特例措置について

粗大ゴミの処分をしたいと自治体にお願いをする方もいらっしゃるでしょう。
中には1回の処分量の制限などを設けている地域もありますので、確認をして出せば効率的に利用出来るかと思います。
業者撫でに依頼をするよりも安いという声は良く耳にするかと思います。
不用品を回収してもらうという事だけを比較すると実際に安上がりであることも確かです。

ただし、自分で搬出しなくてはなりませんのでニーズ・環境に合わせて利用するのがスムーズでしょう。
どんなに大きなものであっても自分で指定場所まで運び出さなくてはなりません。
しかし、中には事由があって搬出できないという方も。
このような方々に対して別途サービスというものはあるのでしょうか。
障碍がある方・ご高齢者の1人暮らしなどと言う場合には作業員の方が運搬してくれるという特例を設けている地域も存在しています。
このとき、年齢確認や障碍者手帳の提示などという事も求められるケースがありますので予め用意をしておくのも良いでしょう。
運搬費用に関してですが、大半の地域では無料となっています。
あくまでごみに対してかかる料金のみとなっています。
運搬をしてもらうのですから、家に作業員の方が入るという事も納得した上で利用するようにしてください。
全ての地域においてこのようなサービスがあるとは限りませんので、電話などで問い合わせてみましょう。
どうしても1人では運搬できないという場合ですと自治体サービスは利用できないという事になります。
あくまで「特例」ですので、怪我をしている方や妊婦などといった方に対してはサービス対象外となるでしょう。
ご高齢も70歳以上などという設定が多いので、それに達していない方は同じく対象外です。
メリットも多い自治体サービスを利用しての回収ですが、デメリットと感じる部分もあるかと思いますので様々な方法を比較検討して、1番納得できるもの・スムーズに行えるものなどを選ぶのも良いかもしれません。

次の記事: を読む ≫